柴犬の愛ちゃんと猫の心ちゃんの勝浦日記

2006,4,21南イタリアレポート(2)・・・ポンペイ

<南イタリアとシチリア島とマルタ島 15日間の旅>
2006年4月5日(水)~4月15日(水)

南イタリアに行ってた15日の間我が家の庭の草木もビックリするほど成長していました。チューリップは満開を過ぎ、紫陽花はかなり葉っぱが茂っていて、バラの蕾もたくさんつき元気に育っていました。まだ小さなライラックもりんごの花も咲いていて春真っ盛りです。今が草花にとって一番いい季節だということを教えてくれています。
愛ちゃんもチューリップとパンジーに囲まれてうれしそうです。
f0060461_22423813.jpg


さて今日は南イタリアの旅2日目のナポリ~ポンペイのポンペイ編です
では始まりです・・・
ポンペイへは10年前にも訪れた場所ですが前回は殆ど観光客がいなかったのに今回はイースター休暇でやってきたヨーロッパ各地からの修学旅行生でいっぱいでした。
まずは入り口です。
f0060461_2373132.jpg

入り口をはいってすぐ右にトイレがありました。これから2時間も見学で歩くのでトイレ休憩です。ところがこのトイレが曲者でした。
f0060461_13432264.jpg

トイレに入ると少し経ってから自動的にドアがパッチャーンと凄い音を立ててしまるのですが、ドイツ人でしょうか太ったご婦人がまだ閉まる前に用を足そうとするのです。見ていた私は「えっそんな困ります」状態でしたがそのご婦人はなぜかこちらを見ながら笑っています。やがてドアがしまって事なきを得ましたがその話をツアー仲間の女性に話すと皆大爆笑です。それを見ていた目の前のベンチに座っていた高校生も言葉がわからないはずなのにつられて爆笑していました。どこから来たの?と聞くと「スエーデン」と言っていました。
その後そのトイレは4台あったうちの2台が突然使えなくなりました。なぜかきまぐれな意志をもったトイレのようでイタリアチックなおかしなトイレでした。
f0060461_23114097.jpg

見学コースを現地ガイドのアントネッラさん(右)が説明してくれます。左は今回のJTBグランドツアーでお世話になったツアーコンダクターの龍谷(たつたに)さんです。
f0060461_23245027.jpg

この見学コースを2時間かけてじっくり見て回りました。
さあ行ってみる事にしましょう・・・
f0060461_23283456.jpg

古代円形闘技場です
f0060461_23295454.jpg

ポンペイの2000年前の目抜きどうりです。各国の修学旅行生で溢れています
f0060461_23302512.jpg

ペスビオ火山が見えます。この火山の2000年前の噴火によりポンペイの町は火山灰の下に埋もれてしまったのです。そして約300年前に偶然農夫によって発見されたので約1700年も火山灰の下で眠っていたわけです(ふ~!!凄すぎます)
f0060461_23415433.jpg

遺跡の中にも野良ちゃんがお昼寝をしています。さすが寛大な国イタリアです

ポンペイの秘儀荘を出た所の左手にレモンとオレンジで飾られたバー・トラットリアがその向かい側にそのレモンとオレンジの畑があって自給自足?と思いました。さすがレモンとオレンジの国ですね。
f0060461_1436040.jpg

f0060461_14382619.jpg


宿泊ホテル: ナポリのジュリー・ホテル
by aichanmama | 2006-04-21 23:56 | ’06 南イタリアとシチリア島とマルタ島 | Comments(8)
Commented by Stan at 2006-04-22 15:37 x
行くなら最後、と決めていたイタリアに十日以上も、敬意を表します。元の会社先輩・外国通が財布を、令夫人もショルダーの中身を…、我が敬愛する村上春樹「遠い太鼓」中にも芳しからざる…。でも、aichanmamaレポートを見ると、次はイタリーへ、と言う気にも。ま、行かないと解らないと言う事でしょうかね。
母親譲りで、ピザ・パスタ・酸っぱいパンいずれも大好き。そのうち「行ってきました南イタリア」レポートを書く羽目に成るかも。
後続レポート鶴首。
Commented by 愛ちゃんママ at 2006-04-22 21:59 x
Stanさん初コメントありがとうございます。Stanさんのことは主人からアメリカ滞在の時に黒いボクサー犬を飼っていて夕食にお招ばれされたことを何回もお聞きしています。その節はお世話になりありがとうございました。さて私の南イタリア旅行15日間は充実したとても楽しい旅行でした。一人なので安心な旅をと思いJTBグランドツアーを選んだのがよかったのだと思います。食事もホテルも一流で添乗員さんもベテランの方で細かいところまで心配りをして下さりとても楽しい旅を続ける事ができました。また南イタリアはのんびりしていて田舎という感じのところが多く人々も素朴でとてもフレンドリーでした。ローマやミラノと違ってジプシーも見かけませんでしたし恐い思いも一度もなく本当に快適に遺跡や風光明媚なところを時間をかけてみて回ることができました。イタリア人ってなんて自分に正直にそして人生を楽しんで生きているのだろうと思いました。私のブログを見て次はイタリアと思ってくださったら幸いです。
Commented by ツアコン龍谷 at 2006-04-23 00:48 x
レポート、懐かしく拝見しました。
嬉しいお言葉ありがとうございました。

イタリアも素晴らしかったですが、「愛ちゃんママ」のお庭もお手入れが行き届いて素晴らしいですね!
イタリア人が見たら「オー!ベッラ・ジャルディーノ!(何て美しい庭!)」って言いそうですね。(注:このイタリア語、私のテキトー・イタリアンなので正しくないかもしれません。ゴメンナサイ。)

それにしても、ポンペイ遺跡のトイレの話から始まるとは!
あの時は皆で大爆笑でした。
何が?って、「愛ちゃんママ」のお話に。

私もそろそろ自分のブログを更新しますね。
では、ボナ・ノッテ(おやすみなさい)
Commented by Stan at 2006-04-23 11:04 x
年齢をご推察頂けると思いますが、ツアコン旅行をしたのは、後にも先にも33年前メキシコシティー・グアダラハラ5泊6日一回だけ。なんと、Itineraryのホテルに投宿し翌朝、我々の宿は違うところと判明。以降、ツアコンを信じられなくなり、龍谷さんご免、専ら手造り独り旅。ブダペスト2週間・韓国/台湾1週間・バンコク1週間・NZ1週間・
ドイツクラッシック傾聴3週間・内モンゴル1週間と気侭者です。
イタリーに行くとすると、パスタとワインで2週間?それにジーナ・ロロブリジータが付いて呉れれば最高です。
ポンペイ以降をお待ちしています。三度の食事情報も宜しく。
Commented by ケンケンマンマ at 2006-04-23 16:14 x
ポンペイのおトイレ、ビックリですね~。おばさんもスゴイ!けど、突然開かなくなるなんてーーー閉じ込められちゃう人とかいるのかしら~??
でも、トイレの鍵が壊れてたりって、よくあるかも・・。
私も、南イタリアのお料理、興味あります!ぜひ紹介してください!!

こちらは、今日もよい天気です!これから、ジョージー・クルーニーも別荘を持っているとかいうコモ湖に行ってきます!(日帰りですが・・)
Commented by 愛ちゃんママ at 2006-04-23 20:57 x
龍谷さん我が家の庭を褒めてくださってありがとうございます。私の2番目に好きな事はガーデニングです。一番はもちろん愛ちゃんです。それでいつかガーデニングの本場イギリスの個人所有のお庭やガーデニングめぐり三昧の旅をしてみたいというのが私の夢です。企画して頂けないでしょうか?お願いします。ポンペイのトイレのお話は普通のポンペイの話よりユニークなエピソードをと取り上げました。これからもなるべく普通の話よりも私独自の愉快なエピソードを取り上げたいと思います。笑うことはとても運動効果もあるそうですよ。エアロビ並に笑っていただけたらと思います。龍谷さんのブログも楽しみにしています。
Commented by 愛ちゃんママ at 2006-04-23 21:21 x
Stanさん、主人と私がメキシコに行ったのも31年前です。アメリカ滞在中に休暇をとってメキシコシティ・ティオティワカン・タスコ・アカプルコに5泊6日位の日程で回りました。メキシコは私にとってとても懐かしく思い出に残る旅でした。テキーラを飲んだ後横断歩道を渡っていると青なのに車が突進してきて慌てて走ったら心臓がドキドキしたこと。ティオティワカンの頂上まで登って360度見渡せる景色に感動したことなど懐かしく思い出します。さて私も主人と海外旅行に行っていた時はツアーよりフライトとホテルだけおさえて後はフリーと言う旅行が多かったのですが一人となるとやはりフリーは心細いのでツアーを選びました。ツアーの良さは移動の時に荷物を持たなくてもいいこと。他のツアーの人と友達になれること。美味しいと評判のレストランに連れて行ってもらえること。観光地を効率よくガイド付きで沢山まわれることと今回のツアーではいいことづくめでした。そのいいことづくめのツアーを少しづつ綴っていきたいと思いますのでお楽しみに・・・
Commented by 愛ちゃんママ at 2006-04-23 21:41 x
ケンケンマンマ、コモ湖は如何でしたか?北イタリアは南イタリアと違ってもう少しインテリっぽいと聞いています。ケンケンマンマは北イタリアに住んでいるのでどんな感じでしょうか?でも陽気な気質は北も南も変わらないのでしょうね。イタリア人は歌うこと食べること愛することを大切にする国民だと聞いているので人生を楽しむ達人だと思います。私もそのようにありたいと思うのでイタリアが大好きになりました。ケンケンマンマは実際に住んでいるのでどう思われますか?聞きたいです。

2003年10月に横浜、青葉区から引っ越してきて'03,12,13生まれの柴犬の愛ちゃ ん('14,9,16に10歳9ヶ月で虹の橋に)と'08、9月14日に家族になった心ちゃん(10歳)との楽しい勝浦日記です
by aichanmama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

最新の記事

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな