人気ブログランキング | 話題のタグを見る

柴犬の愛ちゃんと猫の心ちゃんの勝浦日記

10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2

<バンベルク~ドレスデン>

さてバスはバンベルグを後にして、バロックの古都ドレスデンに向かいます。
ドレスデンは1990年まで東ドイツの街でした。

ドレスデンには夕方の5時前に着きました。
着いてすぐにフラウエン教会のミサ(パイプオルガンのコンサート)が6時にあるというので、急いでタクシーに乗って駆けつけました。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_2134778.jpg

もうたくさんの人が教会をいっぱいにしていました。
外の印象とは打って変わった華やかで明るい教会の内部に驚きました。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_20464384.jpg

厳かなミサを聞き満足して教会の外に出ると、もう暮れなずんだ空が広いドレスデンの街を寂しげにしていました。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_21393254.jpg

帰りはホテルまで歩きながらゆっくりと帰りました。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_21423724.jpg

黒い建物の部分は第二次世界大戦で焼け残った建物の部分なんでしょう。
それがなにか痛々しく感じられたのは私だけでしょうか・・・
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_2144535.jpg

黒い煤の戦争の傷跡は痛々しく感じられます。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_22243387.jpg

歩いてホテルに帰る途中に現地観光ガイドさんが、中世の衣装を着て、観光客に説明をしていました。  ワンちゃんも神妙な顔で聞いているのが可笑しいです(笑)
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_21413464.jpg


ドレスデンの街は第二次世界大戦の空爆でかなりの被害があった街です。
その傷跡と新しく修復されたところが古さとモダン、光と影のようにくっきりと感じられる不思議な街だと思いました。

さて、今日の夕食は宿泊ホテル「マリティム」でとります。
かなり近代的な素敵なホテルです。
ロビ-が最上階まで吹き抜けになっていてガラス張りのエレベータが乗降客を映し出します。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_21514636.jpg

かなりゴージャスな夕食になりそうです^0^
ワインもオーダーしておしゃれな感じです。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_21534817.jpg

まずは野菜スープです。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_2154466.jpg

上品な味わいです。
そしてメインはなまずと野菜リゾットです。
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_21555568.jpg

そしてデザートはティラミスでした^0^
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_21575834.jpg


ドレスデンの夜はこの超モダンなホテルでゆったりと休むことができました。
でも今までのドイツとはやはりどこか違います。
戦争の傷跡がそこかしに色濃く残っている街だからでしょうか・・・・・

<今日の愛ちゃん>

夕方のお散歩で愛ちゃん(左)は姉妹のように仲良しのさくらちゃんとテニスコートでドッグラン状態で思いっきりボール遊べができてご機嫌でした~。
愛ちゃん  「さくらちゃーん、早くボールちょうだいよー!」
さくらちゃん 「まだまだ、だめよ~、あげないわよ~!」
と無邪気に遊ぶ2人でした^0^
10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_22471622.jpg



10月15日(月)東西ドイツ旅行7日目-2_f0060461_1013722.jpg

いつも愛のブログに遊びにきてくれて、ありがとう!
また応援のポチっをお願いね!
             
        にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

by aichanmama | 2007-10-15 22:19 | ’07 東西ドイツ旅行 | Comments(14)
Commented by gellius at 2007-10-16 01:37 x
あぁ~やっぱりドイツは華麗な美しさだなぁ~♪
イタリアとは全く違ってとっても可愛いですよね☆ホテルも素敵だし☆
あたくすも、昔オーストリアに行った時に中世時代の衣装を着て写真を撮ったんですけど、それを見た母が一言『なんか、中世の売春婦みたい』
;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
愛ちゃんとさくらちゃんって本当の姉妹のように外見もクリソツですなぁ。
Commented by miwa at 2007-10-16 04:42 x
とっても荘厳な雰囲気の教会ですね。こういう教会で聞くオルガンの音色はまた格別ですよね。
偶然ですが、週末Calleママに誘われてオペラを見に行ったんですが、戦前から戦後を挟んでドイツで活躍したスウェーデン出身の女優で歌手Zarahのお話だったんです。
ナチによるユダヤ人迫害が行われる中、戦争に翻弄される人々を描いたお話でちょっと重かったですが、ファッションが素敵でした。ちょうど↑のきれいな女性みたいな感じでしたよ。
Commented by ちあき at 2007-10-16 12:19 x
またまた来ましたよー(笑)。
私もベルリン、リューデスハイム、ハイデルベルク、ローテンブルク、フュッセン、ミュンヘンに行きましたが・・・私も愛ちゃんママさんと同じ「ローテンブルク」ですね 1番良かった所は(^^)。  ただ「日本人」が多いのだけが残念と言いますか・・・。(自分もその1人だけど^^;)  城壁を歩いたり、塔に登って素晴らしい景色を見ましたよ♪。 私も「アイゼンフート」に泊まったんですが 雰囲気もお料理も「最高」でしたー。でも1番は隣村のデトヴァングまで美しい渓谷沿いを「黄葉」を見ながら90分ウォーキングしたことです(^0^)。これはツアーの一環だったんですが、本当によかったです。
「ドイツ語圏」以外にもすばらしい国はたくさんありますが、趣味で「ドイツ語」を勉強しているので やっぱりこだわっちゃうんです(^^)。超初心者に「毛」が生えたくらいの語学力ですけどね(^^;。(マグレで「独検4級」に全問正解で「1位」合格しちゃいましたーーっ。)
夢は膨らむばかりですが、しばらくは山のように家にあるガイドブックやDVDを見て我慢しまーす(笑)。    ではまた♪
Commented by 極楽人 at 2007-10-16 16:01 x
ドレスデンはドイツらしい重厚な建物ですね。空襲で瓦礫になった建物を、一つ一つ拾い集めて組みなおしたと聞きましたが、凄い努力ですね。
Commented by きっこ at 2007-10-16 18:43 x
おごそかな雰囲気を残しつつもモダンな印象のドレスデン!素敵ですね。空爆で破壊されたとは残念でなりません。
このリゾット、なまずなの?すご~い!はじめて見たよ!
なまずって食べれるのね、食べたことないよ!
Commented by よーこ at 2007-10-16 23:30 x
なんとも重々しい厳かな感じのする教会!街じたいも重々しい感じがしますね。
こういうところでパイプオルガンの演奏を聴かれるなんてステキですね!とても神々しい音色なんだろうなぁ~。。。

それにしても美味しそうなお料理♪ただいま晩御飯の仕度前で、ちょっと小腹がすいてたんですがーーー刺激されてだいぶお腹がすいてきちゃいました(笑)

Commented by サイプレス at 2007-10-17 16:49 x
あららら。覗くたびにポチッとしてるんですが、いつの間にか豆柴に抜かれちゃいましたね。なんか悔しい。
もいっかい押しとこ。
Commented by aichanmama at 2007-10-17 21:19
gelliusさん、オーストリアに行かれたんですね。
私はまだ行ったことがないので、その中行ってみたいです。
それにしてもお母さん、辛口すぎる~!
そんな事云われたら、私ぐれちゃいます(笑)
gelliusさんもぐれちゃってください!
Commented by aichanmama at 2007-10-17 21:38
miwaさん、この教会は第2次世界大戦争の空爆で崩壊した後、世界中の国からの寄付により、崩れた石を可能な限り元にもどすという方法で修復され2005年に完成されたという、とても意味のある教会なのです。
それは次の日に知ることができたのですが、戦争と平和について、とても考えさせられる教会だと思いました。
内部の明るい豪華さがかえって外観の重みを際立たせていました。
それに他の街に比べて人が少なかったのが寂しい印象を強く感じさせました。東ドイツ時代の暗さが想像できて痛々しく感じられた街でした。
でもパイプオルガンの演奏とミサは明るく厳かで未来の明るさを感じさせてくれました。
Commented by aichanmama at 2007-10-17 21:46
ちあきさん、デトヴァングという街の名前は初めて聞きました。
紅葉の中をハイキングしたのが強く印象に残ったんでしょうね!
私もドイツの紅葉を見たかったです。
ちあきさんは今もドイツ語をお勉強されているのでしたら、何年か先にドイツに行かれたときはかなり話せるようになっているのではないでしょうか!
そんなちあきさんの努力をご家族の方も認めていられるんだと思います。次は独検3級に挑戦ですか?
頑張ってくださいね!!
Commented by aichanmama at 2007-10-17 21:55
極楽人さん、ドレスデンは確かにドイツの中で一番重厚な印象を与えてくれました。
そして極楽人さんの云われたように瓦礫の山の中からパズルのようにひとつひとつ元の建物に照らし合わせて組み立てていったと聞いた時は驚きました。なので新しい部分と古い黒い部分とが混ざっているんですね。
ドイツ人の地道な粘り強さに驚嘆しました。
Commented by aichanmama at 2007-10-17 22:04
きっこさん、このドレスデンの街はドイツ市民の戦争に対する恨みや怨念を感じて他の街にはない暗さを感じました。
そして東ドイツ時代のソ連に占領されていた過去もまだどこかにひきずっている印象を感じました。
そういう意味でこの街は戦争の悲惨さを色濃く感じられた街でした。

なまず、私も初めて食べました。
あまり臭みもなくあっさりしたお味だと記憶しています。
でもなまずというと、あの秋篠宮さまを思い出しました(笑)
Commented by aichanmama at 2007-10-17 22:08
よーこさん、ドレスデンはドイツの中でも一番厳かで、戦争と歴史の重みを感じさせられた街でした。
日本も東西分離されてたら・・・と思うとぞっとします。
日本の平和に感謝しますが、平和ボケも気をつけなければ・・・と今回はいろんなことを感じさせてくれる旅でした。
Commented by aichanmama at 2007-10-17 22:12
サイプレスさん、そーなんです。3位に落ちてしまいました。
でも一緒になって悔しがってくれるサイプレスさんの気持ちが嬉しいです^0^
もっと面白いブログにして沢山の人がポチっと押してくれるように努力あるのみです。
一日一回のポチのみ有効なんですが、再ポチしてくれる気持ちに感謝です^0^
名前
URL
削除用パスワード

2003年10月に横浜、青葉区から引っ越してきて'03,12,13生まれの柴犬の愛ちゃ ん('14,9,16に10歳9ヶ月で虹の橋に)と'08、9月14日に家族になった心ちゃん(12歳)との楽しい勝浦日記です
by aichanmama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

cenepaseriさん..
by aichanmama at 13:10
平原綾香さんですね、お父..
by cenepaseri at 12:43
cenepaseriさん..
by aichanmama at 07:23
アイですよね、顔に似合わ..
by cenepaseri at 16:00
アリスさん、こんにちわ!..
by aichanmama at 13:54
こんにちは♫ ママさん..
by 3841arischan at 13:13
cenapaseriさん..
by aichanmama at 14:54
rabbitjumpさん..
by aichanmama at 14:47
マルシアさん、好きです。..
by cenepaseri at 13:52
マルシアさん。 明るく..
by rabbitjump at 10:33

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな