柴犬の愛ちゃんと猫の心ちゃんの勝浦日記

2013年 03月 21日 ( 1 )

13,3,21(木)ロシア旅⑲トレチャコフ美術館!



応援のクリックをお願いいたします。
     ↓   ↓   ↓   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

今日は寒く感じた一日でした!

ここ2,3日が初夏のような陽気でしたので、朝10度の気温はヒヤッとして風邪をひきそうでした。
3月って、本当に三寒四温っていうんですね~!

さて、愛ちゃん散歩では涼しいほうが愛ちゃんにとっては気持ちよいらしく快調に歩いて行きましたYO!
広場まで行きましたが、寒いせいか・・・誰もいませんでした!
f0060461_2043684.jpg


心ちゃんは今日は寒いので、ベランダから鳥さんの観察です!
調度上にいた鳥さんをガン見しています!
「あの鳥さん、落ちてこないかニャン!」
f0060461_2045883.jpg


そして午後からは2人してまったりのんびり過ごすのでした!
f0060461_2047965.jpg


そして、いつものM子姉さんからの素敵な絵手紙が届きました!
f0060461_20475232.jpg

M子姉さん、いつも有難うございます!

さて、ロシア旅行もあと残り2日となりました。
毎日充実して楽しかったので、あと2日くらい余分に滞在していたかったです。

<2月23日(土)トレチャコフ美術館は侮れない!>

この日の午前中はモスクワの市内観光でした。
まず、モスクワの最高点標高80メートル雀が丘へ行きました。
はい、たったの80メートルが最高の高さなのです!

モスクワには山がなく故にか・・・
地震もない のだそうです!

山ばかりで地震は毎日のようにどこかでおきている日本とは大違いの安定感を感じました。

たった80メートルですから展望台といってもあまり広くは見渡せません。
丸いドームは体育館だったと思います。
f0060461_212736.jpg

それにこの日は排気ガスなどで雲っていたので、あまりはっきりとは見えませんでした。
モスクワは首都なのに、あちこちに工場の煙が上がっていて空気が汚れている感じがしました。

その後チャイコスキーの「白鳥の湖」が誕生したと云われる、ノヴォデヴィチ修道院へ行きました。
白鳥の湖のモデルとなった池は雪で覆われていて凍っていましたが、スモレンスキー聖堂の美しい金色のドームが見えたのでした。
このお城は特にお伽の国のお城みたいに可愛かったです!
f0060461_2175636.jpg

池の氷の上では赤い服を着た犬が2匹、遊んでいるのでした。
f0060461_2191122.jpg

また池のまわりは遊歩道のようになっていて・・・
犬の散歩をする人や・・・
f0060461_21111724.jpg

カルガモの親子の置物があるのでした。
f0060461_2112594.jpg

夏にはもっと散歩する人で賑わっているのだと想像できました。

さて、その次はトレチャコフ美術館に行きました。
美術館の前にはトレチャコフの像がありました。
f0060461_21212914.jpg

この美術館は古今にわたるロシア美術のコレクションで知られ、西欧美術中心のエルミタージュ美術館と並ぶ存在で、その収集作品は10万点におよび、ロシアの傑作が揃っているのでした!

ここも写真撮影には200ルーブル(600円)支払えば、フラッシュなしで写真を自由に録ることができました。
ここもなかなか力作ぞろいで見ごたえがありました。
たっぷり2時間観ましたが、かなり充実した作品ぞろいで時間が足りないほどでした。

それではまず必見の作品からご紹介したいと思います。
まずイコンの「聖三位一体の絵」
これはロシアのイコンの最高傑作と高く評価されているのだそうです。
f0060461_21352141.jpg

それから、この絵は去年、この美術館展が日本で開催された時にパンフに印刷されていた絵の・・・
「見知らぬ女」です。
f0060461_21371576.jpg

それからカール・ブリュローフ作の「乗馬服の婦人」です。
f0060461_21391598.jpg

また、これは「キリストの出現」です。
洗礼者ヨハネがヨルダン川で民衆を洗礼しているところにキリストが現れた場面を現しています。
f0060461_21424239.jpg

そして、貧しい娘の不幸な結婚を描いた、「不釣合いな結婚」
f0060461_21443074.jpg

そして、悲劇的な女性の運命を描いた「公爵令嬢タラカーノヴァ」
f0060461_21471445.jpg

そして、農民の暮らしを描いた「ワインを飲む人々」
f0060461_21485641.jpg


このような絵を見るとその当時の暮らしぶりが感じられてとても興味深く感じました。
子供の時にみた紙芝居を思い出しました。

またこの絵も傑作らしいのですが、題名は忘れました。
後ろの背景が赤の広場のワシリー寺院なのが凄いです!
f0060461_6452100.jpg

そして、「シベリア抑留者たち」はロシアの暗い過去を思い起こさせて考えさせられました。
f0060461_96161.jpg


そして明るい絵としては・・・
「松林の朝」
f0060461_21521149.jpg

また、この絵はよく覚えている絵なのですが、題名が分かりません。
でも男の子に瞳がとても印象的ですね!
f0060461_21533954.jpg

また私がとてもユニークだと思ったのは、このいたずら熊さんたち!
見た途端、くまったなぁ!と思いました!038.gif
f0060461_832050.jpg

そしてロシアの秋の景色も素敵です!
f0060461_9174747.jpg

冬の美術館はとてもすいていて、これだけのたくさんの絵を十分に楽しめましたし、写真も思う存分撮れたのでとても満足感を覚えました。
f0060461_9125917.jpg


かなりの数の名作の数々を見た後は充実感を感じましたが、すっかり疲れてしまいました。

ず~と説明を続けてくださった、ガイドのユリアさんお疲れ様でした!
有難うございました!

さて、疲れてお腹がすいた後はもちろんランチです。
ランチはモスクワっ子に人気のセルフサービスレストラン「ムームー」へ行ったのでした!

続く・・・



応援のクリックをお願いいたします。
     ↓   ↓   ↓   
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
by aichanmama | 2013-03-21 21:56 | ’13 ロシア旅行 | Comments(4)

2003年10月に横浜、青葉区から引っ越してきて'03,12,13生まれの柴犬の愛ちゃ ん('14,9,16に10歳9ヶ月で虹の橋に)と'08、9月14日に家族になった心ちゃん(11歳)との楽しい勝浦日記です
by aichanmama

最新のコメント

nekoyamaさん、こ..
by aichanmama at 18:43
aamoriさん、こんば..
by aichanmama at 18:37
いろんな表情のこころちゃ..
by nekoyama1002 at 13:49
絵って、、美大でも行って..
by aamori at 12:26
aamoriさん、こんば..
by aichanmama at 18:50

最新の記事

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな