人気ブログランキング | 話題のタグを見る

柴犬の愛ちゃんと猫の心ちゃんの勝浦日記

6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ

エフェソス遺跡の後はサフラン・レストランでの昼食です。
この日はとても暑い日で、30度以上あったと思います。
よく歩きましたし、喉が渇いていたので、まずビール!と思いました。
レストランはカリン畑の真ん中にあって涼しい風が気持ちのよいレストランでした。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_1135191.jpg

豆のペーストがとても美味しくてパンにつけて頂くととてもおいしかったです^0^
パプリカと玉ねぎ、トマトのオムレツ、肉と野菜の串焼きも日本人のお口に合い、とてもよいお味でした!
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_1049572.jpg


美味しい昼食の後はアルテミス神殿の見学です。
この神殿はかつてその壮大さから”世界の7不思議”のひとつに数えられていました。
紀元前6世紀に着工されて、120年の歳月をかけて完成しました。
高さ19m、直径1.2mの巨大な大理石の円柱が127本使われていました。
ところが、100年後のアレキサンダー大王が生まれた年に、エロストラトスという狂人が「有名になりたい」という目的のために放火されてしまいました。
今では、広大な敷地に復元された柱がただ1本残っているだけになってしまいました。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_20235612.jpg

そしてその柱のてっぺんにはコウノトリのつがいが巣作りをしているのでした。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_2025211.jpg

さすが、多産、安産の女神アルテミスの神殿だと思いました。
赤ちゃんを連れてくるといわれているコウノトリは物語の中の鳥だとばかり思っていましたが、チュニジア、トルコにはよく見られました。
国で手厚く保護しているのでしょう。

それからエフェソス考古学博物館に行きました。
このイルカに乗ったエロスの像は考古学博物館の目玉だそうです。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_20253982.jpg

また、ここには有名なアルテミスの女神像があります。
この像は豊穣、多産、安産、生殖の象徴として胸に無数の卵のような乳房をつけているのが興味深かったです。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_1231945.jpg

博物館を出ると、絞りたてのオレンジジュースを売っている売店がありました。
喉をうるおすのに丁度いい!と思ってA松さんと一緒にいただきました^0^
こういう時がホッとする時間なのです。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_1120555.jpg


それから3時間程バスに乗って、世界遺産のパムッカレに向かいました。
その車中でこんな風景に出会いました~!
どんな小さな町にもモスクとミナレット(尖塔)が見られます。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_1355403.jpg

パムッカレに着くと、まずアンテック・プールを見学しました。
プールの中に遺跡が沈んで見えるという贅沢なプールです。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_11304973.jpg

そしていよいよパムッカレの石灰棚の足湯体験です。
パムッカレとはトルコ語で「綿の城」という意味だそうです。
遠くから見ると綿のように見えるこの物質は実は石灰質で、石灰を多く含んだ温泉が100m下の平地へと流れ落ちる途中で、温度が下がって崖の上に石灰質だけを残していくので、やがて崖が真っ白い石灰棚となり、その上に温泉の水が溜まるようになったそうです。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_11395517.jpg

この石灰棚を保護するため裸足であるかなければいけないので、ここを歩くのはかなり足の裏が痛かったです。
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_1202365.jpg

でも足湯は水は生暖かく、疲れた足には気持ちよかったです^0^
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_11415015.jpg

また皆と勢ぞろいして記念撮影で~す^0^
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_11461543.jpg

本当に綿の城に見えるほどの白さでした。
この石灰棚の真ん中にいるのはなんと白い犬なんですよ^0^
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_6474710.jpg

<今日の愛ちゃん>
今日は一日、雨なので愛ちゃんと家の中でボール遊びをしました。
愛ちゃんはなかなかの口さばきでボールをあやつります。
もしかしたらワンコのサッカー選手になれるでしょうか・・・?
6月26日(木)トルコ旅行③エフェソス~パムッカレ_f0060461_12164298.jpg


いつも愛ちゃんを応援してくれてありがとう!!
スローライフの人気投票に参加しています。
只今、皆様の愛ポチのお陰でなんとか上位をキープすることができています。
皆様の暖かい愛ポチのおかげです^0^ ありがとうございます^0^
これからも良い子のままでいてほしい愛ちゃんに応援ポチをお願いなの ♪
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
# by aichanmama | 2008-06-26 10:47 | ’08 トルコ旅行 | Comments(4)

6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ

またまたトルコ旅行にもどります。
今日も遺跡がいっぱいです。

まずイズミールの近くの聖母マリアの最期の家に行きました。
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_22321686.jpg

聖母マリアは紀元前40年頃、聖ヨハネに付き添われてこの地に来て、余生を過ごしたといわれています。
ここにはキリスト教の聖地として、多くの人が尋ねてきます。
家の外にはキャンドルが灯されていました。 私も参加しました。
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_6585658.jpg

また3つの泉は、
1、お金持ちになれる泉
2、幸せになれる泉
3、健康になれる泉
があって、欲張りな私は3つの泉の全部にお祈りしました(笑)
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_22503069.jpg

また泉の横にはおみくじのようなものがあって、たくさんの願いごとが結び付けられていました。
この熱々のカップルは何の願い事をしたのでしょうか・・・?
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23445167.jpg


そして次はエフェソス遺跡に行きました。
ここにも赤いアマポーラ(けしの花)が咲いていました。
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_22543088.jpg


この日は豪華客船の乗客が大勢世界各国からやってきて図書館に続く坂道はまるで銀座の歩行者天国のようでした!
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23343779.jpg

こんなポーズをとるアメリカ娘や
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_2322436.jpg

セルビア・モンテネグロ!の親子にも会いました。
(レスラーのように大きな父子でした!)
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23291752.jpg

スカーフを巻いたイスラム圏の女性にも!
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_012034.jpg

そして遺跡につきものの美しいポーズで決めたおすましの猫ちゃんにも!
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_2335118.jpg

あっ、ナイキの商標マークの元となったクレテス通りの天女のレリーフです。
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_042037.jpg

また図書館の近くには大理石に刻み込まれた足型があり、これは売春宿へ導く印だったそうです。
この案内図がある大理石通りは紀元前33年に、クレオパトラがローマのアントニウスを助けるために200艇の船と共に上陸し、この道をクレオパトラも歩いたという有名な道だそうです。
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23383611.jpg


やっとセルシウス図書館に着きました。
広い都市遺跡の中で一部だけがきれいに復元されています。
入り口だったこの壁には、柱と柱の間に女性像も見られ、遠い昔の姿を彷彿させられました。
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23585721.jpg


また2万4千人が収容できる大劇場で私達は「春のうららの~♪」と皆で歌いました♪
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23422776.jpg

合唱の後は皆で記念写真です^0^
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23211089.jpg


続く・・・

<今日の愛ちゃんと思い出の寅ちゃん!>
いつものお散歩の広場!
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23515113.jpg

エミリちゃんに撮ってもらったとっておきの可愛い寅ちゃん!
6月24日(水)トルコ旅行③・・・イズミール~エフェソス~パムッカレ_f0060461_23495447.jpg


いつも愛ちゃんと寅ちゃんを応援してくれてありがとう!!
スローライフの人気投票に参加しています。
只今、皆様の愛ポチのお陰でなんとか上位をキープすることができています。
皆様の暖かい愛ポチのおかげです^0^ ありがとうございます^0^
これからも良い子のままでいてほしい愛ちゃんと寅ちゃんに応援ポチをお願いなの ♪
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
# by aichanmama | 2008-06-24 23:31 | ’08 トルコ旅行 | Comments(2)

6月21日(土)寅ちゃんの旅立ち!

昨夜、寅ちゃんの里親様になってくれるレネちゃん一家が夜遅く到着しました。
横浜から寅ちゃんをお迎えに来てくれたのです。
とうとうその日が来たのです!
2,3日前からとても嬉しいことではあるけれど、寅ちゃんとのお別れは想像するだけでも悲しいことでした。
旅行から帰ってからは、もう寅ちゃんと一緒の時間が残り少なくなってきたので、できるだけ寅ちゃんと一緒にいるようにしていました。
寅ちゃんはますます可愛らしく、また自分の部屋でもお庭でもすっかりくつろいで、和やかな表情になってきたのです。
やっと心からリラックスできたと思ったら、違う環境!というのは可哀想だとも思いましたが、もっと日が経ったら、きっと私が手放せなくなってしまうであろうことも想像できました。

夜遅くに着いたにも関わらず、レネちゃんパパが寅ちゃんのお部屋に会いに行きました。
すると寅ちゃんは、レネちゃんパパに直ぐにいつも私にしているように、親愛の情をこめてレネちゃんパパのお顔をペロペロ舐めたのです。
寅ちゃんはレネちゃんパパを信頼している!というのが直ぐにわかりました。

今朝も朝食後に寅ちゃんのお部屋にレネちゃん一家と一緒に入っていくと、寅ちゃんはそんなに驚く様子もなく皆を眺めていました。
でもまだ1歳の赤ちゃんのルネちゃんにだけは警戒しているのがわかりました。

レネちゃんパパ、ママに寅ちゃんの食事のこと、トイレのことや爪の手いれ、毛づくろい、フロントライン(ノミ、ダニの駆除のお薬)のことも説明しました。
その間も寅ちゃんは何か空気を読み取って少し緊張してましたが恐がっている様子ではありません。

そうです。寅ちゃんはレネちゃん一家とは5月のゴールデンウィークの時に会っているので今回が2回目のご対面なのです。

その後、レネちゃんママが前日のお仕事のお疲れもあって30分ほど、寅ちゃんのお部屋で仮眠した時も寅ちゃんはいつも一緒に寝ている私にするようにレネちゃんママの上にのって一緒に寝始めたというではありませんか!
レネちゃんママにもなついてる!と思って、もう大丈夫!と思いました。

昼食後にS田さんに買っていただいた、屋根付きトイレや沢山のキャットフードやおやつ、エミリさんにも買っていただいたキャットタワーやおもちゃ、私が用意していたキャットフードやおやつ猫砂など、名古屋のお嫁入り道具も負けそうなくらいの婿入り道具を車のトランクに詰め込んで、寅ちゃんは半信半疑の表情でお婿入りして行きました。
6月21日(土)寅ちゃんの旅立ち!_f0060461_21465520.jpg


残された私は胸の奥がジーンと痛みましたが、涙は見せまいと笑って寅ちゃんを見送ることができました。

主人はちゃんと寅ちゃんを送り出せてほっとしたような様子でした。

愛ちゃんはというと、お見送りはしませんでしたが、その直ぐ後に寅ちゃんの部屋に入り、匂いをクンクン嗅いでから外に出てトイレを済ませると、家の周りをあちこち見ています。
どうやら寅ちゃんを探しているようなのです。
寅ちゃんがレネちゃん一家と一緒にいなくなったことを認識したかどうかは不明ですが、寅ちゃんがいなくなった!ということは確認したようです。
これで、ママの愛がまた愛ちゃん一筋にもどる!と思ったのでしょうか・・・心なしか嬉しそうな様子でした。

愛ちゃんには愛ちゃんのずーっと一人っ子としての愛情を独り占めにしてきた自負があるので、ママの愛が寅ちゃんにも注がれるのがいやだったのでしょう!
愛ちゃんにはつらい思いをさせてしまったみたいです。
愛ちゃん、ごめんね!

でも最後に捨て猫だった寅ちゃんが、いろんな人の善意に助けられて、やっと家族として迎えてくれるレネちゃん一家に出会うことができたのですから、本当に寅ちゃんは幸せです^0^

そしてまだ1歳の赤ちゃんのルネちゃんがいるにも関わらず
寅ちゃんを快くひき受けてくれたレネちゃんパパとママに最大の感謝をしています。

そして最初は寅ちゃんを預かることさえも反対だった愛ちゃんパパも、この3ヶ月寅ちゃんを容認してくれて本当にありがとう!  

そして寅ちゃんに優しい愛の手をさしのべて助けてくれたトムさん、エミリさん、S田さん、H口さんやH谷川さん、マロママやさくらちゃんママ、みんなが寅ちゃんの命を助けてくれた沢山の人、本当にありがとう!!!

これからも癒し系の寅ちゃんは、寅ちゃん本来の可愛らしさと聡明さ、運の強さでレネちゃん家族に笑いと幸せをいっぱい運んでくれることでしょう!!!

寅ちゃんを応援してくれた皆様、本当にありがとうございました!!!

<今日の愛ちゃんと寅ちゃんの言葉>

「寅ちゃんも愛みたいにしあわせになるなのよ!」
6月21日(土)寅ちゃんの旅立ち!_f0060461_22554924.jpg

「僕ちん、しあわせになるよん!!」
6月21日(土)寅ちゃんの旅立ち!_f0060461_2325555.jpg


いつも愛ちゃんと寅ちゃんを応援してくれてありがとう!!
スローライフの人気投票に参加しています。
只今、皆様の愛ポチのお陰でなんとか上位をキープすることができています。
皆様の暖かい愛ポチのおかげです^0^ ありがとうございます^0^
これからも良い子のままでいてほしい愛ちゃんと寅ちゃんに応援ポチをお願いなの ♪
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
# by aichanmama | 2008-06-21 21:57 | 愛ちゃんと寅ちゃん | Comments(12)

6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン

ペルガモン遺跡のアクロポリスを見学した後は今度はギリシャ神話で医学の神アスクレピウスに捧げられたというアスクレピオンに行きました。
アスクレピウスは紀元前700年頃のギリシャの名医でした。

ここは古代人が心と体の癒しを求めた、当時の最先端の医療技術を集積した総合病院だったようです。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_10495216.jpg

この石畳の道はアクロポリスの下市とアスクレピオンを結んでいた約850mの参道でしたが、今は列柱の一部と敷石が150mしか残っていません。
病人はこの道を通って治療に向かったそうです。
2人が指差しているのが、アクロポリスの遺跡です。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_11271278.jpg

またこの前庭にはヘビとお碗の彫刻が残されていますが、これはここでの診療を拒否された重病人が絶望のあまりお碗でヘビ毒を飲んだら、逆に病が完治したことに由来するそうです。
それ以後、ヘビとお碗はこの町のシンポルとなったそうです。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_11254232.jpg

またこのイオニア式の列柱が連なる北の回廊は当時は屋根がかけられ、約125mあり、床は泥で患者に裸足で歩かせて、それを治療の一環としたそうです。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_1765312.jpg

この地下道は俗世と治療の場をつなぐといわれた石積の地下道で、長さは約80mで、聖なる泉と診療所を結んでいました。
患者はここを通る時、神(医者)のお告げを聞いたそうです。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_11353124.jpg

またここには3500席の病院付属の劇場もあり、楽しい劇や心地よい音楽を聴いて思いっきり笑ったり感動することも、重要な医療行為だと考えられていたということに感銘を受けました。

またこの遺跡には猫ちゃんはいなかったものの、大型の野良犬が何匹ものんびりと昼寝をしていました。  平和な光景でした^0^
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_11373198.jpg


そして、このペルガモンの遺跡を後にして、その日の宿泊地イズミールへと向かいました。
イズミールはエーゲ海沿いのとても美しい街で、山の斜面にも海を見渡せるようにオレンジ色の屋根の家がびっしりと並び、トルコ第3の都会だということを納得させられました。
そして宿泊ホテル・サーマル・プリンセスには温泉プール、ハマム(トルコ風呂)も完備された近代的なホテルでした。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_11515325.jpg

ハマムの一部(丸い大理石の洗い場の回りにあって自分で体にお湯をかけて洗ってもらう順番を待つところ)
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_108064.jpg

そして驚いたことにここには日本のホテルのように卓球台まであったのです。
私と龍谷さんは中学まで卓球部でちーちゃんとI崎さんも卓球の心得があるというので夕食後卓球をすることにしました。
卓球なんてもう10年以上やってなかったと思います。
一時間くらいウオミングアップして馴れたところで、10回続けよう!ということになりました。
6,7回目位まで来たところで、私は昔を思い出し、打ちやすいボールがくると無意識にスマッシュで決めてしまい後で皆にブーイングされてしまいました(汗)
久しぶりの運動で気持ちよかったせいか、右ひざの痛いのもいつの間にか治っているのに気がつきました(笑)
楽しい事をしていたら病気も治るというのはこれで証明されました(笑)
このホテルのガラスでできたカプセルのエレベーターも可愛いかったです。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_1151247.jpg

このイズミールの街は宿泊だけでしたが、エーゲ海沿いの街歩きやカフェで休んだりして、もう一日ゆっくりしたい街だと思いました。

<今日の愛ちゃんと寅ちゃん>
のんびりとお昼ねタイムの愛ちゃんです。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_129938.jpg

お庭でくつろぐ寅ちゃんです。
6月19日(木)トルコ旅行②の続々編・・・ペルガモン遺跡のアスクレピオン_f0060461_12418.jpg


留守の間にもたくさんの応援ありがとうなの^0^
スローライフの人気投票に参加しています。
只今、皆様の愛ポチのお陰でなんとか上位をキープすることができています。
皆様の暖かい愛ポチのおかげです^0^ ありがとうございます^0^
いつも良い子でいてくれる愛ちゃんと寅ちゃんに応援ポチをお願いなの ♪
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
# by aichanmama | 2008-06-19 12:05 | ’08 トルコ旅行 | Comments(4)

6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール

トロイ遺跡を見学後、昼食を終えると、今度はペルガモン遺跡のアクロポリスに行きました。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_15493812.jpg

この遺跡が出来たのは紀元前3世紀頃のことだそうです。
アレキサンダー大王の死後、マケドニア帝国は何人かの将軍によって分割されました。
その一人リシマコスはアレキサンダー大王の遺産をこの地に運ぶように部下のフィレタイロスに頼みました。
その後リシマコスは戦死し、フィレタイロスはこの遺産をもとに王国を築きました。
これがペルガモン王国だそうです。
そして、この王国は150年にわたって繁栄し、小アジアの中心になったそうです。
この遺跡の中で最も目を引くのが、大野外劇場(円形劇場)です。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_1942847.jpg

一万人を収容したという観客席は、目の眩むような傾斜で作られているのです。
87段の観客席の上に立って見下ろすと、遥か遠方のベルガマの町が見渡せるのです。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_2038618.jpg

またこの円形劇場の裏手にはゼウスの祭壇の基石がありました。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20103335.jpg

実際の「ゼウスの祭壇」は旧東独地区のベルガモン博物館に展示されています。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_2005165.jpg


実際、私が去年の秋にドイツに行った時にこの「ゼウスの祭壇」をベルガモン博物館で見たのですが、このベルガマのこの地で見たかった!と私は心から思いました。
でもベルリンにあったからこそ保存状態がよく学術的研究が進んだとも云われているようです。

また純白の大理石でできたトラヤヌス神殿はローマ皇帝ハドリアヌスによってトラヤヌス先帝に捧げられたものだそうです。
2世紀中頃に完成して、美しいコリント式列柱とアーチ部分、基盤、その背後にイオニア式列柱が残っています。
当時、ローマ皇帝の神殿を建てる事は、町の力や名誉を示すものとされたそうです。
私の手が触れているのは列柱の一番上にある丸い部分のものですが、近くで見ると、こんなに大きいのに驚かされました。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_1951169.jpg

また美しいアーチが続き古代人の土木技術の高さと芸術性にもビックリしました。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20363475.jpg

そしてここにもアマポーラの赤い花が・・・
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20261122.jpg

また遺跡には何故かいつも猫ちゃんがいます。
とても美しい美猫とストカー猫でしょうか・・・(笑)
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20153957.jpg

また人間のカップルもいました。
若いと絵になるのねぇ~!と羨ましく思いました。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_2017821.jpg

随分丁寧にペルガモン遺跡を見てからバスの駐車場まで歩いていく途中には、こんなにカラフルなお土産物屋さんが並んでいました。
駄菓子屋さん的な楽しさにあふれています^0^
メドウサの目玉をかたどった邪視除けのナザルです。トルコの何処にいってもありました。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_2022318.jpg

トルコ独特のチャイ(紅茶)を飲む時のガラス食器です。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20222581.jpg

カラフルなお皿です。
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20224257.jpg


つづく・・・

<今日の愛ちゃんと寅ちゃん>
裏のお花畑に囲まれても心ここにあらずの愛ちゃん!
お花よりスズメやトカゲに興味ありありなのです(汗)
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20455922.jpg

可愛がられすぎて、とうとう箱入り猫ちゃんになってしまった寅ちゃん!(笑)
6月17日(火)トルコ旅行②続編・・・トロイ~ベルガマ~イズミール_f0060461_20435875.jpg


留守の間にもたくさんの応援ありがとうなの^0^
スローライフの人気投票に参加しています。
只今、皆様の愛ポチのお陰でなんとか上位をキープすることができています。
皆様の暖かい愛ポチのおかげです^0^ ありがとうございます^0^
いつも良い子でいてくれる愛ちゃんと寅ちゃんに応援ポチをお願いなの ♪
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
# by aichanmama | 2008-06-17 15:51 | ’08 トルコ旅行 | Comments(10)

2003年10月に横浜、青葉区から引っ越してきて'03,12,13生まれの柴犬の愛ちゃ ん('14,9,16に10歳9ヶ月で虹の橋に)と'08、9月14日に家族になった心ちゃん(12歳)との楽しい勝浦日記です
by aichanmama

最新のコメント

わこべえちゃん、こんにち..
by aichanmama at 15:03
わこべえも、最近食が細く..
by わこべえ at 11:54
olive07kさん、お..
by aichanmama at 10:12
89さいなのですよね と..
by olive07k at 00:39
てんてんらんこさん、あり..
by aichanmama at 09:24
18周年おめでとうござい..
by bel10fra2dxb at 19:54
rabbitjumpさん..
by aichanmama at 17:55
hisachannさん、..
by aichanmama at 17:50
cenepaseriさん..
by aichanmama at 17:45
みんなかわいくて、 小さ..
by rabbitjump at 15:47

以前の記事

2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

お気に入りブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな