柴犬の愛ちゃんと猫の心ちゃんの勝浦日記

aichanmama.exblog.jp

2003年10月に横浜、青葉区から引っ越してきて'03,12,13生まれの柴犬の愛ちゃ ん('14,9,16に10歳9ヶ月で虹の橋に)と'08、9月14日に家族になった心ちゃん(10歳)との楽しい勝浦日記です

オランダ・ベルギー旅行のご報告をしている間にいろんな事がありました。

その中でおもてなしのバラ風呂と、愛ちゃんモデルデビューを見てくださいね!

6月の始めにパパの会社勤務時代の友人の、女性2人が一泊二日で遊びに来てくれました。
3年振りのご対面です。が、お2人ともとてもお元気そうでした。
お昼の1時前に高速バスで横浜からいらしたので、昼食は大原の手打ちそばやの「幸七」に行きました。私はいつもの”天ぷらせいろ”と”そばがきしるこ”を頂きました。いつものことながら期待を裏切らない美味しさでした。
f0060461_21402031.jpg

f0060461_21404217.jpg

昼食後は”幸七”の近くにお住まいの友人の0ご夫妻のお家に、お手製のチーズケーキをお持ちしてお邪魔しました。
アメリカで30年プロのカメラマンとして活躍されていた芸術肌のご主人と現実肌?の奥様との絶妙なやりとりとおもてなしに、パパの友人のY子さんとN美さんはとても感銘を受けたようでした。とても個性的なお二人に私もいつも刺激をもらいます。

そして夕食は勝浦の「清水」で”海鮮釜飯とお刺身定食”を頂きました。
f0060461_21412662.jpg

お昼がかなりボリュームがあった上にチーズケーキも頂いた後でしたので、釜飯だけでよかったかなと思いました。お刺身はやはりいつもの「かくい」の方が美味しかった!というのがパパとママの感想でした。

そして家に帰ってから摘んでおいた我が庭のバラでバラ風呂に入ってもらことにしましたー!そしてバラといったらワインでしょう!ということで赤ワインを片手にプチゴージャス?なひと時を過ごしてもらいました。
f0060461_232288.jpg

赤ワインはグラスに一杯だけでしたので、酔い過ぎることもなく(笑)香り豊かなお風呂をとても喜んでいただけたのでバラさん達も大満足だったことでしょう^0^

その後は、ゴールデンを飼っているY子さんが持ってきてくださった、愛ちゃんへのプレゼントの”浮き輪をつけたカエル君”で夜のひと時を楽しく皆で過ごしました。
かなり”カエル”君がお気に入りです(笑)
愛ちゃん「早く頂戴よー!」   Y子さん「まだ、だめよー!」
と、じらされながらも愛ちゃんはカエル君に夢中です(笑)
f0060461_22214946.jpg

そして人気独り占めで写真撮影ではもうモデル並のシャッターが切られて夜は更けていきました。愛ちゃんのモデルデビューの夜でした。まだママ以外のカメラマンではモデル馴れしていないので困惑状態の愛ちゃんでした(笑)
f0060461_22574544.jpg


翌日は6時にパパとY子さん、N美さんの3人で愛ちゃん散歩に出かけました。
散歩から帰ってから、お二人に庭の絹さやを収穫してもらいました。
f0060461_22295151.jpg

その絹さやをサラダに入れて、自家製のパンとポークシチューとコーヒーで朝食をとりました。

その後、鴨川のサーファーの集まる海岸に行き、しばらく車を止めて見学しました。
f0060461_22323098.jpg

お二人はいつまでも海を見つめていました。
そして「房総の海ってホントにきれいねぇ!」「ホントね、湘南の海なんて目じゃないわね」
「しょうなんよ」なんて話していたのでしょうか・・・(笑)
f0060461_22361550.jpg


それから、鴨川からかなり山あいにある日本の棚田百選にも選ばれている”大山千枚田”に行きました。
f0060461_22422878.jpg

この日は快晴で暑かったので空も雲もという雰囲気でいっぱいでした!
そしてお昼はイタリアンな「キッズ」です。もちろんオーダーのパスタは一押しの有機野菜を使った”野原の散歩道”です。
f0060461_9472772.jpg


お二人は盛りだくさんの観光メニューにも疲れを見せず、お土産も買われて天津小湊駅から4時20分の横浜行き高速バスに乗って帰られました。
今度は3年後といわずに愛ちゃんが2人を覚えているうちにまた遊びにきてねーとパパとママは愛ちゃんの代わりにお見送りをしたのでした^0^

皆さーん、我が家に遊びに来るときは是非バラの季節にいらしてくださいね!
バラとワインと愛ちゃんがお待ちしていますよ^0^
# by aichanmama | 2007-06-10 20:15 | 薔薇 | Comments(20)
<オランダ・ベルギー旅行のご報告11 最終回>

さていよいよ最終日になりました。
アムステルダムの2日目は市内観光です。
まずは徒歩でアムステルダム中央駅のクルーズ乗り場に行き、運河クルーズです。
アムステルダムはアムステル川に築かれたダム(堤防)という名のとおり、160本以上の運河と1500以上の橋をもつ水の都です。
f0060461_2151496.jpg

私が旅行前に持っていたオランダのイメージは、チューリップ、風車、ゴーダチーズ・・・と「レッツ ゴー ダッチ」(割り勘でいこう)といわれるように合理的な国民性・・・でした。
そして実際にオランダに来て感じることは、とても明るく合理的で大きな体格の民族ということでした。乳製品の摂取量が世界一だという事と大きな民族ということはとても関係があるような気がします。
そしてオランダは麻薬と売春が合法的に認められている国なのだそうです。
それを聞くとなんて無法の国!と思うけれど、それも自己責任で行われているのでしょう。
街を歩いて感じたことはあっけらかんとしてどこまでも明るい街なのです。
そして国全体が平坦な土地なので、どこでも自転車でいっぱいの健康なイメージなのです。
f0060461_21122815.jpg

あの有名な飾り窓の女でさえ、明るくあっけらかんとしていて、堂々としていてまったく悪びれるどころか職業にプライドを持っているかのようでした。
それに街はとても綺麗でしたし、水の都というのが魅力的でもありました。
運河クルーズはどこも皆美しくまさしく絵になる風景でした。
小さな船の窓から身を乗り出して夢中で写真を撮っていたら、運河に落ちそうになったほどでした(笑)
f0060461_21172269.jpg

f0060461_21193726.jpg

f0060461_2120224.jpg

運河クルーズを終えると、今度はトラムに乗って市内観光です。
あの有名なアンネの家にも行きました。いつも沢山の人が行列しているそうです。
実在で最後は見つかって処刑されてしまったアンネの無念さに心が痛みます。
そのアンネの銅像は家から少し離れたところにひっそりとありました。
f0060461_22441261.jpg


街を歩いていると、よーこさんのだんな様のぺーさんが大好きだという牛の置物屋さんを見つけました。ヨーロッパ人って牛を沢山食べているせいでしょうか?何故か牛の置物が好きなようです!
f0060461_21305281.jpg

そして街のカフェです。
f0060461_21312922.jpg

背の高いマダムが大きな犬を連れているのもオランダらしいです。
よーこさんの思っている「フランダースの犬」のあの老犬パトラッシュに似ているような・・・
f0060461_21363450.jpg

またダイヤモンド研磨工場も見学しました☆
f0060461_2140578.jpg

私も記念に可愛い船の形をしたダイヤのペンダントを買いました^0^
f0060461_2142748.jpg

また真夏のような陽気でしたので家族でこんな風にボート遊びをする姿も見られました。
f0060461_21441454.jpg

ゴッホ国立美術館にも行きましたが、ここは撮影禁止でしたので外からのお庭です。
f0060461_223719.jpg

そしてアムステルダムのへそと呼ばれている街の中心広場のダム広場です
f0060461_21513432.jpg

たくさんの人々がここを憩いの場所としています。
f0060461_2242946.jpg

そしてこんな特設遊園地まで登場です。
f0060461_2254980.jpg


こんなに盛りだくさんのアムステルダムを満喫して今回の旅は終わりました。
本当によくおしゃべりし、笑って人の10倍くらい楽しんできたように思います。
これもご一緒してくださった添乗員の堀川さん並びにツァーの15名の方々のお陰です^0^
有難うございました!
しゃべり過ぎて、笑いすぎてご迷惑をかけてしまったと思います(深く反省)
でも最後まで楽しく無事に行ってこられて幸せでした。

またこの長い旅のご報告を最後までお付き合いして下さった皆様、有難うございました。
少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

そして最後に日本でお留守番をしてくれたパパと愛ちゃんに一番の感謝の声を、大にして云いたいです
ありがとう・・・と。
# by aichanmama | 2007-06-07 21:34 | ’07 オランダ・ベルギ旅行 | Comments(15)